筋肉のメカニズムを詳しく知ることも筋肉痛を早く治す方法の一つ

muscle.care

筋肉痛のメカニズム

ストレッチしている女性

筋肉痛の原因とは

筋肉痛は、運動に伴って起こる筋肉の痛みなのです。一般的には、運動後数時間経ってから痛みが生じます。時間を置いて起こる遅発性筋痛が筋肉痛と呼ばれているのです。普段使わない筋肉を使ったり、慣れない運動を行ったりすると筋肉を使い過ぎ、症状が現れます。

乳酸が蓄積する

運動することで乳酸といった疲労物質が溜まっていきます。乳酸というのは、エネルギー源であるブドウ糖の利用が高まることで出来てしまうものなのです。その乳酸の発生量が多くなり、代謝が間に合わなくなると筋肉に疲労が蓄積されてしまいます。そして、その結果筋肉痛が生じてしまうとされているのです。

筋肉が損傷を受ける

最近では、運動によって傷ついた筋肉の修復の際に起こる痛みとされています。損傷した筋肉が回復するまでの過程において、炎症を起こしてしまい、その際にできる痛みが筋肉痛なのです。筋肉を使うことで、筋肉を構成している線維や周りの結合組織が傷ついてしまいます。その使用頻度が通常よりも使い過ぎてしまうことで傷が広がってしまい、筋肉痛といった症状として感じるのです。

【PR】
効果大!温活方法まとめ。
もう、冷えで悩まない。 <PR>
女性ホルモンを増やす取り組み!
対策は簡単に行なえる! 【PR】
モットンを利用
快適な寝心地をゲット!

筋肉痛のおすすめ情報

マッサージ

筋肉痛を早く治す方法について

筋肉痛を早めに改善したいのであれば、こちらの情報がおすすめです。筋肉痛を早く治す方法はいろいろとあるので、自分に合った方法を活用して筋肉痛の改善を目指しましょう。

READ MORE
広告募集中